思考の掃き溜め

森のなかを駆け巡りながら色々考えたことのストック、とたまに日常のこと

そこにある世界

※ネタバレとかは特にないです。

 おそらく高校2年生とか、そのあたり以来に小説を読んでみた。

 

 きっかけは4月から社会人として研修を受け続け、「自分の勤める会社」の枠組みに詰め込まれた価値観に触れすぎたことによる過食中毒だった。学生ではなくなり、平日の夜に適当にひとに声を掛け、酒を飲みながらだらだら話すような時間を作ることが出来なくなった。何か、他の価値観に触れないといけない、ふらっと手に取ったのが本屋の店頭に置かれていた恩田陸の「蜜蜂と遠雷」。選定に特に理由はなく、強いていうならば大衆受けをすることを示す受賞歴くらいだった。

 あらすじはオーソドックスな「音楽の演奏」に懸ける人々の群像劇で、そんなにインパクトのあるものではない。しかし読み終わったいま、脳天が痺れるような余韻に浸っており衝撃を受けている。中高生時代によく小説を読んでいた時もこんなにも心地良い快感の中にいたのだろうか、最早思い出すことは叶わない。もし、この快感が今となって楽しめるようになったものだとしたら、自身の中でどのような変化があったのであろうか。

 本の中の登場人物達は「演奏」を通じて、世界へ自己の発露を行っていく。コンクールの舞台袖からステージへ出ていく前に「なぜここで演奏しなくてはいけないのか」「なぜ演奏するのか」を、自身に藻掻き問いかけながら自身の足で扉をくぐりステージに立つ。しかし、演奏が終わりピアノから指を離すときには得も知れぬ充足感、万能感に満たされる。「自分はここにいるのだ」と確信を得て、万客の拍手のなか舞台袖へと戻っていく。もちろん人ごとに背負っている責任、価値観が異なるため一様には言えないが、自分はその感覚を「知っていた」と気がついた。「知っていた」というより、いつの間にか持っていたものを半ば強制的に引きずり出されたと言ったほうが正確だろう。与えられた責任に対して気負いやストレスを感じつつも、終えてみれば満ち足りた気持ちになり一刻も早く次を!という一心に覆い尽くされる。次も同じ、もしくはもっと大きな苦悩、それどころか自分を裏切る結果が待っているだけかもしれないことを知っているのに。それはキャラクターに対していわゆる共感を抱いただけのことにすぎないのだが、その共感により初めて過去の経験が自身を構成する1つのパーツになっていることを実感することができる。それは紛れもなく自身の行動が世界と繋がっていると存在を肯定される感覚であった。

 また、物語には自我を飾ることなく無邪気に表現することの出来る少年が出てくる。「自分は自分のままに」行われる演奏は、自己問答の中で複雑に絡まってしまった人々の価値観の根底に容赦なく、不意をつくように触れてくる。幾人の審査員は自身も理由が分からない内に激情に駆られ、同じステージに立つコンテスタント達はいつの間に埋もれてしまっていた自身が演奏する根源を少年の演奏の中に再び見つけ出していく。「天才」と呼ばれる人々も自己に問い続け、共感することで自分を見つけていくことには変わりない。妬ましい天才達と才がないと自覚する自分も同じなのだと、そんな表現も琴線に触れるものがあったのかもしれない。

 

 共感できるものは自己内で理解できるものと同義であり、それが増えるということは自身の認識できる世界が広がるということに他ならない。そこにある世界は変わらないのに、認知とともに自身の世界は広がっていく。ここ1年くらいで急激にその世界が広がっていることを実感し、それを楽しみ、嬉しさを感じつつ、死ぬときになって「あぁ、もっと見えるようになりたかったな」と悔やむのは嫌だなと思ったりする。

 何かに対して剥き出しの自我を向き合わせた経験が、確かに自分になることに二十数年生きてきたことでようやく「知った」。だから自分は向き合い問いかけ続けるのだ。

 

 ~余談~

 ここ数年評論文のようなものばかり読み続けていたため、同じ文章であっても小説というもの性質の違いにも驚いた。評論文は自己を削り出した末にその形が顕在化したものだが、小説は自己の外部に言葉で世界を構築することで生み出される。例えるなら一本の木材から削り出した彫刻像と、自身で選択した食材を組み合わせ調理した料理が近いような気がする。前者は鑑賞することで自分の手元にある彫刻像と比較する事ができるが、後者は直接摂取し味わうことが出来る。すなわち解釈の必要性の有無であり、口に合う合わないは調理法を知らずとも感じることが出来るのだ。なるほど「小説」という表現はこういうものだったかという気付きがあるとともに、その味を出せるようになるまでの料理人の背景に思いを馳せることを含め隅々まで楽しむことが出来る。たった2,000円で最高のディナーを味わった気分だった。

 自己から切り離されたところに世界を築く。言葉を「紬ぐ」とはよく表現したものだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

たった10ヶ月前に書いた文章ですら、いま読み返すとなんか違うな…と苦笑してしまうのもきっと見えるものが少しずつ変化しているから、な気がする。

なぜ走るのか - 思考の掃き溜め http://sugamoto.hateblo.jp/entry/2016/07/26/%E3%81%AA%E3%81%9C%E8%B5%B0%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B

どんな「地域クラブ」に入りたい?

以下、FBに書いたものの転記

「地域クラブ」について、2か月後には大学クラブを卒業して社会人になる身として考えたものを投げておきます。

 僕はオリエンテーリングが大好きなので、当然のように大学卒業あともオリエンテーリングに何かしら 関わりたいな、と考えています。なので地域クラブ入会を検討するわけですが、学生の期間に地域クラブと交流を持たなかった人は「地域クラブ」が一体何をしている団体なのかわからない。入って自分の生活にどのような刺激があるのかわからない。

 この「わからない」は以下の2つと考えます。
オリエンテーリングって一人でもできるじゃん?団体に所属する意味は?
・一般的なスポーツ地域クラブの「定期的に練習会」などの活動がオリエンテーリングにおいて難しい。じゃあ活動は何をしてるの?

 しばしば、地域クラブについて議論が起こったときに使われるワードとして「普及」や「強化」がありますが、その推し出されたその類の言葉を聞いて「入会しようかな」と思う人はほぼいないでしょう。現在大学でそれなりに競技的にオリエンテーリングに取り組んでいる僕でも全く魅力も、入る意味も感じません。オリエンテーリングは好きでも、社会人になってから「全日本選手権者を目指すぞ」とか「もっとオリエンテーリングを広めたい」が軸にあるわけでもなく、「今後もオリエンテーリングと関わりたい」と思っているだけです。
 現状、そのようなスタンスを主軸に置いている地域クラブなんて日本に1つもないのにまず上がるのはその話、というのに違和感を強く覚えます。活発な大学クラブでさえそんな団体はないですよね。 

 僕が魅力を感じるのは「オリエンテーリング愛好家のコミュニティ」であることです。別に活動として頻繁にオリエンテーリングをしなくとも、月に数回はメンバーと一緒に走る機会がある、飲み会がある、同好のもの同士コミュニケーションをとる機会があることが外部から見えるように「可視化」されていることがポイントだと感じました。
 そこで僕は、メンバーの各個人が好きなように呼び掛け集まり走り・飲み会して、そこでオリエンテーリングの話をすることが「見えている」京葉OLCに魅力を感じ入会することにしました。実際中に入ってみても気楽に集まり、メンバーで話すことが楽しい団体で入ってよかったなぁと思っています。実際この2~3年で京葉OLCは卒業したての社会人が20名以上入会しているという実績があります。

 
・「地域クラブ」は「オリエンテーリング愛好家のコミュニティ」としての面を外から見えるようにアピールする。
・卒業後も「競技的頂点を目指したい」と考える人は殆どおらず、「オリエンテーリングと何かしらの関係を保持したい」と考える人のほうが確実に多数である。
・団体内の多様性を包容した上で、「強化」や「普及」は内部からムーブメントが起こることを待つ、または刺激をしてみる。
このあたりを念頭に団体のスタンスを見直すことで変わることがあるのではないかなと考えます。
もちろん団体内での多様性の容認はもとより、団体ごとの多様性もあって当然だと認識しています。なので「強化」や「普及」のためのクラブがあっても何らおかしくはないです。

 ぼやきの1つではありますが、学生が卒業後にオリエンテーリングから離れてしまうのが一番の課題であると言われるなか、卒業を目前とした一人の大学生として考えたことでした。

思考の回し方

 時間が生まれ,気になっていた自分の思考の回し方について言語化してみる.

 思考の回し方,というよりは価値観の形成過程の回し方.文章中で何かを基準にしたような単語を使ってしまっているけど,まあそんな基準は各個人でたしかに持っているだろうし,気にしないでほしい.欲を言えば,誰が読んでも違和感を覚えることのない,客観性の保たれた文章を書きたいなぁとは思っている.

 

大枠は多くの人がこの枠に当てはまるだろう.

1. Plan

自己の価値観も持つ客観的な意義,ポジション.及び,外界に与えうるインパクト,そのリアクションの仮定(確認).

 

2. Do

外界に対する発信,行動.

 

3. Check

発信に対した,外界からのリアクションの評価(1.における仮定との差異の検討),考察.及び,自己価値観の修正,融合.

 

 これをひたすら何十年と繰り返していくうちに,根底にある「自己」を削り出し認識していくことになる.この三段階は各個人が固有のリズムで行っていくのだが,自分はPlanのステップにおけるリズムが自分で気持ち悪いな,とここ半年くらい思うことが多かった.

発信する前にPlan(確認, 仮定, 認識)するであろうことは,

・自己の価値観も持つ客観的な意義,ポジション

・外界(⊃他人)に与えうるインパクト,及びそのリアクション

だが,いかんせん前者に対して後者の比重がとても軽い,相対的に前者が重いというわけではなく.

 おそらく原因は,前者:自己価値観の認識に対する自信が強いため,外界のリアクションを考察する時間があるなら,さっさと発信して実際のリアクションを食らって修正したほうが早いと思っている(多分).自己の中で認識する「一般論」の認識が強く,その既に自分の中で用意された仮定とリアクションを比較するクセがついているため,後者を行う時間がほとんどない.例えるなら,目の前にある「壁」をこの「強さ」「角度」で叩いたら「どのくらい痛い」のか「どのような種類の怪我をするのか」,また壁は「どのように変形するのか(もしくは変わらないのか)」という仮定が常に自己の中にある.「壁」の種類や素材などは外見などの少ない情報で「自己一般論」に当てはめて,想定されるリアクションと実際のリアクションとの差を検討して,次に移行する.細かい条件を加味した考察をほとんど行っていない.

 こんなことを考え始めたのは,この半年「~した」って話をすると「ええっ!?」と言われることがこれまでに比べ異常に多かったからである.ともすれば,どこかの段階のテンポが人より早い(もしくは欠落し,飛ばしている)のかと考えていた.2016年はコミュニケーションを取るときに自己価値観は後ろにおいて,両者がフラットな状態で話すことを心がけるようにしたら多くの悩み事と解決したが,後ろにおいている間に自己価値観が凝り固まり,狭窄なものになってしまったのかなぁと最近うつうつと考えている.

 余談だけど,跳ね返ってきたリアクションが自己一般論による仮定とかけ離れすぎていると暫くの間思考停止するくせも最近判明した.現在思考停止中である.

オリエンテーリングはなぜ面白いか

オリエンテーリング愛好家のみなさん、こんにちは。

筑波大学オリエンテーリング部4年の田中基成といいます。

この記事は僕ともう一人の部員(この人は最終日の執筆者になります、お楽しみに)と勢いで立ち上げた「オリエンティア Advent Calendar」(http://www.adventar.org/calendars/1681)の一記事です。広報をした当初、思っていたより反響が大きく、25枠という最初は集まるのかなと思っていた執筆者枠にも枠の数を遥かに上回る応募があり「なんだ、みんな書きたがりじゃないか」と笑いました。

今回のこの企画を通して読む人も書く人もワクワクしていただいて、そのワクワク感が日本のオリエンテーリング界をもっと楽しくする原動力・きっかけになれば幸いです。

 

さて、そんな企画の一発目であるこの記事。色々と書きたいことはあって悩みましたがわかりやすく「オリエンテーリングがなぜ面白いか」でいきます。

 

オリエンテーリングはなぜ面白いか

オリエンテーリング面白いですよね!

気がつけば競技を初めてもうすぐ4年。当たり前のように毎週末泥まみれになりに山に公園に行っていますが、なぜこんなに自分にとって面白いのかを考えてみました。

 

自然の中を走るのが面白い!

いまトレイルランニングウルトラマラソンがブームになっています。自然の中を走るだけでも楽しいのですが、オリエンテーリングの特色はやはりトレイル以外を走れるところ。方向だけを見て爽やかな森のなかをガシガシと直進、最高に気持ちがいい。そして、富士テレインでは岩がむき出しの沢をよじ登り、八ヶ岳テレインでは爽やかに走り、群馬テレインでは牧場の匂いを全身で感じる。そんな場所によって見せてくれる光景が違うのもまた魅力的。

 
ナビゲーションが面白い!

最近のロゲイニングブームも相まって、少しずつ認知されている「ナビゲーションスポーツ」という枠組み。しかし、オリエンテーリングにおける「ナビゲーション」はしばしば指摘されるようにマニアック。芸術的なコンタ表現・植生の繊細な記載・多すぎる地図記号など普段使うような地図からしたら明らかな情報過多。でも描いてある通りに特徴物が出てきて、コンパス直進を打てば目の前にコントロールが現れる、そんな繊細な地図を用いて行えるナビゲーションはやっぱり面白い。

また話はずれますが、古い旧図などを用いて練習会等を開催したときに、現地と地図の違いからその間にあったであろう出来事を想像するのも楽しかったりします。最近だと日光テレインの水系による侵食の進み方から「去年のあの大雨かなぁ…」とかしみじみ考えていました。

 
未だ踏み入れたことのない土地を、地図だけを武器にずんずん進むのが面白い!

鮮烈に覚えているのは初めて「裏砂漠・奥山砂漠」に入った時。生まれて初めて「砂漠」なるものに出会い、そこで雄大に広がる景色だけでも楽しいのに、地図が読めればずんずん走って行きたいところにいけてしまう。こんな経験はオリエンテーリングをやっていなければ絶対に味わうことがなかったはず。10km近いロングコースをずっと笑いながら走り回っていました。

やっぱり遠征が楽しいですよね、今年7月の札幌OLC大会遠征なんて最高でした。「ヒグマ怖い」とか「おおお、つくば在住の民が北海道の森のなかにいるよ…」なんてことを考えながら、夏の爽やかな森を走る。

それはまさに「非日常」で、とても刺激的。競技スポーツなのに常に新鮮でわくわくさせてくれる。オリエンテーリングしか持ち得ない素敵な要素って感じです。

 

 自己決定が結果として明確に自分にのしかかるのが面白い!

突然抽象的な話になりましたが、これもぼくが惹き寄せられる点です。

ミスしたときのあの嫌な違和感、それに気が付きながらも身体を止めることができずに傷口を広げてしまう。オリエンテーリング競技者なら誰しも知っているであろうあの感覚、ありますよね。

1つ前の項目ともリンクしていますが、誰も周囲におらず知らぬ土地で地図しか頼るものがないというなんとも特殊な状況。「走る」スポーツであるはずが、実は「身体を精神で制御する」スポーツとしての要素のほうがタイムに直結する。オリエンテーリングがタフなスポーツながらも、生涯スポーツとして長々と愛される理由として1つあると思います。身体が衰えてきても、考えたとおりに動き、目の前のコントロールが出てきたときのあの興奮はきっと衰えないはず。

 

 競技だけじゃない!

よく言われるやつですね、といっても色々な要素があると思うのでもう一つ下の要素を見てみようと思います。

 

旅行感覚で遠征できるのが楽しい

折角関東から苫小牧まで走りに行くのなら、ちょっと早く現地入りして前後で観光。もともとは弾丸遠征派だったので、最近こういうのもなかなか面白いなと。

マラソンなど色々なスポーツでも遠征はあると思うのですが、大半は施設や渉外の関係上で都市部ですよね。しかし、オリエンテーリングは辺鄙な山奥で開催されます。その周辺で観光となると、基本的にぱぱっとネットで探そうとしても情報は中々出てきません。先の苫小牧遠征ではこれが結構困りました、せっかくだから北海道ぽいことを思って探しても出てくるのはほっき貝の情報ばかり。そうなると車を借りてちょっと遠出するか~と少し離れた山に登りに行きました。インフラが整備されたところだと公共交通機関で少し移動して観光してとコンパクトな観光になるけども、山奥で観光地でもないとまずは視野を広げてどうにか見るものを探して…というところから、でもそれはそれで楽しいですよね。

 

地図が好き

意外とこういう話に上がらない項目な気がしますが、実は無意識に惹かれている人も多いのでは。

全国各地でその土地の地図が現地で手に入る、というだけでマニア心をくすぐられます。ましてや新規テレイン・大幅リメイクだと、地方の小さい大会でも「そこの地図持ってないし行くか…」ってなりますよね。某国盗りゲームに熱中している界隈の「国盗ってないし行くか…」と同じ匂いを感じます。集めたものをきれいにファイリングすれば、1日見ていても飽きない自分だけの図鑑に。

オリエンテーリング競技用の地図はその情報量から、マッパーによる独特の色が出ます。例えば等高線では大手2社は色はそう違いはありませんがYMOE社製は表現が「芸術的」だったり、NishiPRO社製だと「ぬめっ」としていたり、多摩OLクラブ製だとくすんだ灰色のような色だったり、トータス製だと薄いオレンジだったり。個性的で同じ地図は一枚もないというのがいい。全面リメイクされたら旧図と新図を比較して調査に思いを馳せニヤニヤ眺めるのもいい。

また、地図自体もそうですが地図タイトル・地図デザインもちょっとした工夫があるとにやっととしてしまいます。

地図タイトルに関してはプログラムに記載がないととてもワクワクします(旧図名だけとか、(仮)とか)。スタートまでわからない、地図をめくったときににやっとできるようなタイトルだといいですね。僕が一番好きなテレイン名はICR2015「自然休養村~星ふる丘で君を待つ~」、旧図の「☆彡しおや」のオマージュしつつ、なんというかゲームのラスボス感?、インカレリレーの決戦感?があってワクワクします(伝われ)。デザインだと、枠縁、題字、情報項目の配置、マスコットキャラクターとか。

東大OLK大会とかだと恒例になってますが、手書きの題字は萌えます。そういえば「矢板山苗代」の題字は、第34回筑波大大会の一週間前くらいに実行委員長に「いま適当に書いて!」と言われ、その場で僕が書いたものだったりします。自分の作ったものがずっと残って使ってもらっているのもやっぱり嬉しかったり。

 

大会運営が好き

日本のオリエンテーリング界を代表するような特徴ですね。

これほどまでに多くの競技者が大会運営に携わった事があるスポーツはなかなかなさそうです。その中でも運営が好きな人は、運営のどんなところが好きなのでしょうか。今日以降の記事でも、ちらほらと運営系のことについて書く方はいらっしゃるようですが、僕の場合だと「イベント」を作ることが原動力になります。コースなどの競技はもちろん、先程の地図の作成、演出、協賛など0からコンセプトを提示し、自由度の高いプロジェクトを動かすことができ、大会自体を自分の「作品」であるかのように作ることができるのはそれだけで魅力的です。

メジャー大会ももちろん、小さな大会でも細かい見どころや差別化されているところがあって運営者の意欲を感じます。

 

 人が面白い!

これは完全に僕の主観ですが、オリエンテーリング愛好家はオタク気質な方が多いように感じます。よく「内輪感がつよい」と言われることの一端がここにあるのではないでしょうか。僕自身も変なこだわりや、局所的な知識欲が強い人間なのでその中にいることは楽しいです。1つのコミュニティの中にこれだけ多様な方向性があって、それぞれが楽しくやっているそんな環境が一番好きなのかもしれません。

 

なんだか「オリエンテーリング賛美!」みたいな記事になってしまいましたが、当然個人の意見です。読んだあとに「あー、そういうとこも面白いよなぁ」と思った方がもしいらしたら、是非大会会場でお話しましょう!

これからクリスマスまで24人のいろいろな「オリエンテーリング」が読めるのが楽しみです。

 

明日はNishiPROの西村さんによる「地図版権」についてのお話!